髪の毛がフニャフニャすぎて泣きたい。

猫っ毛にとって最悪の時期がやってきました。。

次回更新内容は無料ツールについてです。こちらから更新情報が受け取れます。

EC CUBEバージョン3.0系の表示URLをルートディレクトリに変更する。

f:id:ja3103me:20151112223951j:plain

 前回の記事でECCUBE(バージョン3.0系)のインストールを行ないましたが、デフォルトの設定では表示URLが example.com/html と言う具合に2階層目になっているので、これをルートディレクトリ(example.com)に変更します。

ファイル構成を見て頂ければ分かると思いますが、よくご質問を頂く項目になる為、うまくいかない方は参考にしてください。

ファイルを移動する

f:id:ja3103me:20151114215241j:plain

まずはサーバー上の以下赤字の3ファイルをルートディレクトリ(1つ上の階層)に移動させます。※ 上書きしてしまって問題ありません。

 eccube-3.0.5
 └ html 
  └  .htaccess
  └  
index.php
  └  robots.txt

指定パスの変更

次に移動させたindex.phpファイルに記載しているソースコードを変更します。

f:id:ja3103me:20151114215748j:plain

require __DIR__.'/../autoload.php';

となっている部分を

require __DIR__.'/autoload.php';

と言う具合に、ルートディレクトリのautoload.phpを読みこみに行くように設定してあげます。

さらに以下階層にある path.ytm 内にあるソースコードを編集します。

 eccube-3.0.5
 └ app
  └  config
   └ eccube
    └ path.ytm

f:id:ja3103me:20151114220821j:plain

読み込みに行くファイルが以前の /html (2階層目のhtmlファイルを読みに行け)となっていますので、これをルートディレクトリを読みに行くように / のみに変更して上げます。

root: /html/ # root_urlpath
root_urlpath: /html

となっている部分を

root: / # root_urlpath
root_urlpath: /

に変えればいいわけですね。

以上で example.com  にアクセスすればURLはTOPで表示可能になっているハズです。

うまく表示されない場合

上手くいかない場合や画面が真っ白の場合は以下の理由が多いです。

  • パスが間違っている
  • 使用中のサーバーのPHPのバージョンがECCUBEのVersion3.0系に対応していない。
  • サーバーのPHPは対応しているが、使用するPHPのVersionを指定していない。


レンタルサーバーの方は指定方法がことなるのでコチラの記事が参考になると思います。

→.htaccessを使って、PHPを拡張子.htmlで動かす方法 | それからデザイン スタッフブログ

f:id:ja3103me:20151114222608j:plain

細かな更新はされると思いますが、メジャーアップデートがない限り、同じ方法で表示URLの変更は出来ると思います。参考にしてください。

 

 

 

広告を非表示にする